ニューボーンフォト撮影のセミナー・講習なら
HSP Academy

ニューボーンフォトグラファーのための
セミナー・講習を展開するサロン型養成スクール
nbp@geneandfred.com

ニューボーンフォトの撮影モデルになってくれる
赤ちゃんを募集します!

ニューボーンフォトを撮影するカメラマンを育成する『HSP Academy』では、ニューボーンフォトの撮影ワークショップにご協力いただける赤ちゃんモデルを募集しております。

ニューボーンフォト専業で6年以上のキャリアを持ち、年間120回以上の撮影をこなす人気ニューボーンフォトグラファー『hide (ヒデ)』の指導のもと、ニューボーンフォトの撮影スキルをもっと磨きたいと思っているカメラマンがお客様のご自宅にお伺いしてお子様のニューボーンフォトを撮影いたします。

撮影した写真の中から厳選したベストショットをカメラマンがキレイに仕上げた後、撮影したすべての写真データと一緒にご協力いただいたご家族に無料でプレゼントいたします。

撮影モデルとしてご協力いただけると…

通常50,000円前後となる撮影料金が一切無料となります。

ワークショップの際に撮影しましたニューボーンフォトのデータは全て差し上げますほか、そのうち5枚程度をレタッチ作業により美しく編集した上で差し上げます。

お申し込み条件

以下のすべての項目(3項目)に当てはまり、ワークショップのモデルとして参加したい方は、本ページ下部のフォームよりご応募ください。ご不明点などについてもお気軽にお問い合わせください。

1.2019年10月上旬から2019年11月下旬にかけて、赤ちゃんをご出産予定の方(帝王切開を予定されている方であればスケジュールを見通しやすいですが、そうでない方や未定の方でももちろんお申込みいただけます)。

2.東京駅から在来線を利用して概ね1時間程度で到着できるエリアのご自宅やご実家で撮影可能な方。

3.撮影の様子や撮影された写真を『HSP Academy』および協力会社である株式会社ジーンアンドフレッドが展開するニューボーンフォト撮影サービスの広報・PR・広告宣伝で利用することにご同意いただける方。

お申し込みにあたっての注意事項

ワークショップの撮影モデルの登用は先着順や抽選ではありません

ご出産予定日・撮影場所・ご家族のご都合などを考慮し、ワークショップ開催日の調整がついた方のにみご協力をお願いする形となります。

その他、ご注意をお願いしたいこと

お子様の安全には十分配慮いたしますが、撮影中は必ずご家族の誰かがご同席の上で、お子様から目を離さないようお願いします。(万が一の事故に備えて保険にも加入しております。)

お子様に持病やアレルギーなどがおありの場合には、必ず事前にご相談ください。

家具調度品やお荷物についても十分配慮いたしますが、高価なものがお部屋にある場合には、安全確保の点から必ず事前にご相談ください。(万が一の事故に備えて保険にも加入しております。)

撮影した写真の著作権は『HSP Academy』が保有します。ウェブサイト、広告、SNSなどで写真を使用させていただく場合がございます。

撮影機材の管理・整備については細心の注意を払っておりますが、万が一不具合が発生した場合に備え、予備の撮影日を事前にご相談させていただく場合がございます。

当日お伺いする人員に怪我・事故・ウイルス性の病気が発生し撮影が困難になってしまうなど、やむをえない事情が発生した場合は、撮影日程の変更やキャンセルをお願いする場合がございます。

よくあるご質問

Q:ワークショップの開催を土日にしてもらえますか?

A:ワークショップは平日のみの開催となります。


Q:ペットや家族と一緒に撮影してもらえますか?

A:ワークショップでは撮影の基本事項を訓練しますため、赤ちゃんのみの撮影とさせていただきます。


ニューボーンフォトって?

おおよそ生後2週間までの赤ちゃんを撮影したポートレートのことです。専門の訓練を受けたプロカメラマンが撮影する幻想的な写真で、アメリカやオーストラリアでは広く普及しています。近年では、マタニティフォトに続いて日本でも人気が出始めています。

Google画像検索で『new born photo』を検索すると、沢山の例が出てきます

HSP Academy って?

『HSP Academy』は、ニューボーンフォトを安全に撮影するスキルを持つカメラマンを育成するためのサロン型養成スクールです。

指導を担当しますのは、ニューボーンフォト専門のフォトグラファー『hide (ヒデ)』です。福岡を拠点に全国で活動しており、6年以上のキャリアを持ちます(公式サイトInstagram)。

講座の様子については、『HSP Academy』ホームページにも掲載しておりますので、ご覧ください。

撮影ワークショップって?

『hide(ヒデ)』による指導のもとで、ワークショップ参加者のカメラマンにより、実際のニューボーンフォト撮影時の作業を全て行うものです。

実施当日は、以下の様な流れとなります。

・お宅にお伺いし、赤ちゃんの様子を確認した上で、撮影セットを設置します。
・寝ている赤ちゃんを数種類のポーズで撮影します。この際、ご家族の皆さまのスマホなどでも撮影していただけます。
・撮影が終了したのち、撮影セットを片付けました上でお宅から失礼させていただきます。

なお、事前にご家族の皆さまとはLINEなどでお話をさせていただき、ご不明点やご要望を伺いますほか、実施当日にどの様な準備をしていただくと赤ちゃんがよく寝てくれるかなどについてもお伝えいたします。

なぜワークショップを行うの?

ニューボーンフォト撮影を行うカメラマンにとって、単独でも安心安全な撮影ができるように成長するためには、本物の赤ちゃんに触れながらの撮影や、ご家族の皆さまとのやり取りの中でご要望やご不明点を汲み上げていくという経験がとても重要です。

また、ニューボーンフォト撮影は料金がやや高額です。これはカメラマンが赤ちゃんを安全に撮影するための継続的な訓練を行っていることのほか、ご家族の皆さまとの撮影前後のコミュニケーションも丁寧に行うことによります。こういったサービス内容をご理解いただき、「この価格設定には理由があること」をご家族やご親戚・ご友人の皆さまにも広く知っていただくことが、ニューボーンフォト普及のためには欠かせません。

私たちは、新しい家族が増えた喜びをご親戚やご友人にニューボーンフォトのデータや絵葉書を付けて知らせる文化が定着し、赤ちゃんや子育て中の方に対して笑顔の輪が広がることが大切であると考えています。

そこで、「カメラマンのスキルアップ」と「赤ちゃんのご家族やその周りの方々にサービス内容を正しく知っていただくこと」を両立させるために、撮影料金を無料とする形でモデル募集を広く行い、ワークショップを開催することといたしました。


なお、ワークショップに参加するカメラマンはいずれも『HSP Academy』の撮影講座【中上級】を受講し、精巧な赤ちゃん人形を利用して「赤ちゃんとの安全な接し方」「寝ている赤ちゃんにどの様にポーズを取らせることが適切か」の訓練を受けています。

ワークショップの場所や時間、人数などは?

撮影場所はご自宅(出産後にご実家などで過ごされている場合はそちら)です。

ワークショップ参加者のカメラマン(最多で3名)が撮影を行います。

指導のため、『hide(ヒデ)』 が同行します。

当日の様子を記録するため、『HSP Academy』のスタッフ(1名)が同行します。

ワークショップの実施時間帯は、赤ちゃんの寝付きの様子などにも左右されますが、おおよそ10時30分ごろにお宅へ到着し、15時ごろにお宅から失礼する予定となります。撮影セットの準備や片づけ、ご家族の方とお話をするお時間なども含まれますので、実際に赤ちゃんのポージングや撮影を行う時間は2~3時間程度です。


お問い合わせ

※こちらはお問い合わせフォームです。モデルへのご応募は、すぐ上にございます「お申し込みはこちらから」よりお願いします。
※ご返信まで2~3営業日を要することがございます。
ただいま、非常に多くのお問い合わせをいただいております。順にご返信しておりますので少々お待ちください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信